学校で学ぶのは難しい

本来、資格を得るための費用は資格試験を受ける為の受験費用だけで取得することが出来ますが、最近の国家資格の中には受験を受ける為の受験資格に、大学や専門の養成校での教育が定められているものもあり、そう言ったケースでは学校で学ぶための費用もかかります。
しかし、社会人がそういった資格を目指す場合、問題なのはそう言った施設で学ぶ為の費用ではなく、学生として収入がなく、一定期間の勉強をすることが非現実的であると言う点に問題があります。
それでも、中学を卒業後、高校での学生生活の中で、親や学校の指導において、学生達が社会に出て目指す進路を一緒になって相談するシステムがあれば別ですが、今は高校を卒業するまでは、何にでも対応できる様、普通科に進学して、同じ教育を施すことが主流となっています。
そんな中で、いきなり大学の進学の時期になって、自分の専門とする学科を決めろと言われても、実社会での体験のない学生では、大抵が戸惑ってしまうのは仕方のないことだと思います。
しかし、今の国家資格の多くは、受験資格として大学や専門学校での教育が義務とされており、社会に出て実態の厳しさを知った者が、そこから改めて進路を変更することができないようになっています。
昔は、丁稚としてある程度経験を積みながら次の仕事へとステップアップしていくことが通常でした。
社会の厳しさや実情は、いくら言葉で語っても、学生達には理解できません。
また、文部科学省で固められた学校の教師が世間一般の現実や常識を理解しているかと言えばそれも問題で、子供達に正しい進路の道筋を立てられないことが、今の転職を繰り返す時代に繋がっているのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*