求人に有利な免許

今の時代、探せば様々な資格が用意されているが、実際に求人において役立つ資格は少なく、殆どの資格がそれがなくとも支障がなく、求人においても資格の有無よりも、年齢が優先的に評価されています。
その為、資格を得ようと思っても将来に有効な資格は数少ないのが悲しい現状です。
そんな中で免許と呼ばれる国家資格は、それを有さないと勤務することが許されない比較的有効な資格です。
ですから、簡単にとれる資格を数多く取得するよりも有効な国家資格を得るほうが大切です。
一般的な免許と言えば、運転免許が頭に浮かびますが、これも国家公安委員会が発行するりっぱな国家資格です。
しかし、最近では若い人の車離れにより、この運転免許を取得する若者も数が減少傾向にあり、求人の際には、将来的にも意外と有利な資格のひとつとなっています。
私は、宅地建物取引主任者と言う、厚生労働省が発行する国家資格を得ていますが、過去の金融危機に瀕した際、日本の企業の多くが倒産や統合をした際に、その煽りを受けて私の勤務していた会社は倒産してしまいました。
その際に、いろいろと求職活動をした時の経験から言うと、宅地建物取引主任者などの資格は、ある程度の年齢が過ぎると求職活動にはまったく役に立たず、意外にも求人活動に有利だったのは、もっと資格の取得が簡単な運転免許でした。
今はその当時よりも求人の内容は、若い人優先の「若い労働力の使い捨て」時代です。
資格を得るときは、将来に有効な資格を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*